FC2ブログ
PCレースシム『rFactor』&『Bob's Track Builder』との格闘ブログ
rFactor1用コース 処女作『電波塔』リリース!!
2013-08-31 Sat 13:00


BTBの使い方を学ぶ為に練習用として作った通称『電波塔』を、
少し手直しして処女作としてリリースします!

『電波塔』は実在するドリフトスポットで、
コーナー数は3つしかありません。
超ショートコースですが、
実在コースということでご勘弁を(^^;

解凍するとReadmeがありますので、
良く読んだ上でお使い下さい♪

Let's enjoy touge drift!!



修正版V1.1へリンク変更

電波塔Denpatou V1.1 DL
スポンサーサイト



別窓 | rFactor | コメント:2 | トラックバック:1
BTBオブジェの作り方
2013-08-30 Fri 11:29
久しぶりにGoogle SketchupとBTBと触ると、
XPacksの作り方など忘れてしまってることが多い(^^;
なかなか思い出せないし、決まって手が止まり作業が中断してしまいます(>_<)

そんな時の為に、自分用のメモとしてXPacksの作り方を書いてみよう♪

■Google Sketchup Ver.6(以下GSU)でオブジェを作る!
 ・この時点でのテクスチャは『.png』(『.dds』は使用出来ないyo!)
 ・テクスチャは、2の累乗で作ったものを使用すること

■GSUから3Dモデルをエクスポートする!
 ・メニューバーのファイル⇒エクスポートから3Dモデルをセレクト
 ・エクスポート形式『Google Earth4(*.kmz)』をセレクトして、エクスポートする

■エクスポートした3DモデルをXPackerで使えるようにする!
 ・GSUでエクスポートしたファイルの拡張子を『.kmz』から『.zip』へと書き換えて解凍する
 ・解凍して出来たフォルダ内のimagesフォルダにあるテクスチャ『.png』を、
  ペイントソフトを使って『.dds』に変換して保存する

■3DモデルをXPackerにインポートする!
 ・Xpackerを起動し、作りたいXpack名を記入して、『Create Empty Xpacks』をクリック
 ・Objectタブを選択し、下にある『Add』をクリック
 ・さっき解凍して出来たフォルダ内のmodelsフォルダにある『.dae』ファイルを選択
 ・オブジェの名前やobjectの設定をして『Save』をクリック

■『.png』⇒『.dds』へテクスチャを入れ替える!
  (MAS化する場合、『.png』のテクスチャは使えない為)
 ・Materialsタブを選択し、入れ替えを行うテクスチャを選択
  中程にあるDiffuseという枠内の『Load』をクリックして先程作った『.dds』テクスチャを選択
 ・ 忘れずに下にある『Save』をクリック


■XPacksとしてBTBで使えるようにする!
 ・メニューバーのFileから『ZIP to BTB』を選び、Xpacksにする

MAS化したら『.scn』ファイルを編集する! (例)
〇〇.masファイルをコースフォルダ内に入れた場合、
『.scn』ファイルをメモ帳等で開いて、
MASFile=sky.mas
MASFile=COMMONMAPS.MAS
の下の行に
MASFile=〇〇.mas と書き加える

これで忘れても大丈夫(^^)v
別窓 | BTB | コメント:2 | トラックバック:0
シンドイ・・・
2013-08-27 Tue 20:29
DDS化…シンドイ…

コースをMAS化しようとしたら出来ない…

コースのフォルダを覗くと…やたらとPNGファイルがある…

そう…

自作したxPacksのオブジェが、全部PNGテクスチャのままでした…

数日かけて全部DDS化して、自作xPacksを修正しますた…

正直シンドイ…
別窓 | BTB | コメント:0 | トラックバック:0
| Now Loading【なぅ ろうでんぐ】 |